カメラマンの求人で指定される撮影ノルマ

カメラマンが応募する求人には、現役で活動している業界人でも多いと感じざるを得ない撮影ノルマが設定されます。あえて厳しい撮影ノルマを提示することによって、生半可な気持ちで求人に応募するカメラマンを面接に通さない狙いがあります。
いかなる状況でもカメラマンは最良の写真を撮影しなければならず、その成功率を高めるために有効なのはノルマを設定することです。カメラマンの裁量で撮影枚数が制限されると、その分だけ良質な作品が得られる確率は低くなります。求人情報を作成したことによって獲得した人材に高い価値を感じても、結果が伴わなければ雇い主は無駄な資金を投じ続けることになりかねません。雇用のミスマッチを防ぐには、多数派にとって厳しいノルマを設定する他に良い手段はないと言えます。あらかじめ撮影ノルマが決まっている求人を出せば、カメラマンはないように同意して雇用契約を締結したことになります。とすると、ノルマが達成できなければ求人情報に明示した契約の不履行が発生したと言っても過言ではありません。雇い主が主張する内容に誤りはありませんから、カメラマンは深く反省して今後の身の振り方を考えます。カメラマンが立ち直れば、従来以上に良い働きをしてくれると期待できます。
求人に撮影ノルマを明記する慣習は、カメラマンが活躍する業界では珍しくないことです。努力だけでは良質な被写体を発見できないものの、数をこなしていれば目的の達成は近付きます。撮影ノルマが存在しなければ、求人情報以外の作業には取り組まないと考える労働者は少なくありません。自発的に大量の写真を撮影させるように、求人には厳しい条件を加えて応募者にプロとしての自覚を持たせます。

トップページへ